天才

天才の定義とは何でしょう。
かの画家サルバドール・ダリは「天才になりたければ、天才のふりをすればよい」と言ったそうです。しかし、どんな人を天才というかが分からなければ、振舞いようが無いです。
近文は特に天才になりたいと思ったことはありませんが、もしも自分に文才があったなら、もっとすばらしい文章を書けたのにと思うことは多々あります。
近文は大学のサークルで、文章を「読む側」の種類のサークルに所属しています。だから、文芸部など、「書く側」の人たちを尊敬します。

天才といえば、発明の父だか神だかと言われたトーマス・エジソン。
「天才とは1%の才能と、99%の努力である」と言った人ですね。
中学時代の友達に、某有名私立大学に入学した秀才がいます。彼の話によると、エジソンの言った言葉の直訳は、「天才とは1%の霊感と、99%の発汗である」だそうです。
霊感と発汗・・・。天才の親父ギャグは何十年何百年にも渡って語り継がれるようです・・・。

ダリは天才には振舞えばなれると言い、エジソンは親父ギャグをかます・・・。
親父ギャグを言うことが天才らしく振舞っているとは思えませんから、ダリに言わせればエジソンは天才ではないのでしょう。

ここで近文が、天才になるにはどうすればよいのか考えてみます。
朝起きたら人々は顔を洗います。朝食の前に歯を磨く人もいるでしょう。
だから近文はそれらをしなければ、天才に一歩近づきます。
着替えるときの注意点は、靴下の左右を「揃えない」こと。シャツは当然前後逆です。
夏ならば靴下を履いたままサンダルで出かけます。
電車のつり革は、ワッカを握るのではなく、ベルト部分をつまみます。
授業は最前列で寝ます。
昼食は運動場の真ん中でピクニック気分です。
家に帰るとテレビをつけて、出来るだけ遠くから双眼鏡などを使って観てみたりします。
風呂に入るのは週に1回でいいでしょう。
寝るときは必ず北枕です。
これらを実行すれば、近文は天才になれるやもしれません。

でも天才として大成する前に、精神を疑われて病院に収容されかねないので、これは想像の中にとどめます・・・。
落ちの無い駄文、恐縮です・・・。
[PR]
by kinbun-r | 2005-11-16 01:34


<< 夕飯 日記 >>