忘我の末に

夢を持っていました。
未来の自分がそうなるものと思い込み、
疑いもしませんでした。

大きくなりました。
可能性を知りました。
妥協を知りました。
挫折を知りました。

大人になりました。
夢は絶たれました。


詩みたいになってしまいました・・・。
誰もが夢や理想を持って日々すごしています。
子供のころは、夢と予知(とでも言うのか)が同義でした。
○○になりたい=○○になる だったように思います。
みなさんはどうですか?

夢に限らず、元々持っていた、こうありたいだとか、こうあるべきという、
ある意味で自分の中の正義が、
現実を知っていく工程で、薄れていくのを実感します。
理由はさまざまですが、環境然り、交友関係然り、進路然りです。
近文はまだ、人間としては新人なのでしょう。
20歳年上の方、30歳年上の方、40歳年上の方々から見れば、
私が何を言おうと、「まだまだだな」「若い若い」「何もわかっていない」
と思うかもしれません。
では何歳から「わかる」のでしょうか。
目上の方々が、人生の先輩であり、尊敬すべきであることは承知していますし、
実際頭を垂れる心持で接しています。
しかし、例えば30歳上の人が私をまだまだと思うのと同じように、
その人より30歳上の人が見れば、その人すらまだまだなのでしょう。
有限の命の中で、どこから「わかった」ことになるのか、
そもそもその線引きは可能なのか。

話がそれました。
本来持っていた自分の中の正義が、
あらゆる要因によって歪んだり崩れたりしたとき、
それを挫折といいます。
夢を持って生きろとよく言われますが、
挫折を避けるべく、夢を持たないことも、
その人の中では正しい選択なのです。
それを寂しいと思うのは周囲の見解で、
当人にとってそれがいいのであれば、
間違いではないのです。
要は、得られることを選ぶのか、失わないことを選ぶのかです。
自分の中の正義の持ち方によって、どのような結果が出ようとも、
それはすべて自分の選んだ道によってたどり着いたものである以上、
素晴らしいものといえます。
気持ちの上で、積極的な姿勢を持つか、消極的な姿勢でいるかを選んだ末、
良い結果が出ようとも、悪い結果が出ようとも、
いずれくるかもしれない「わかる」瞬間へとつながっているのでしょう。
[PR]
by kinbun-r | 2006-04-27 00:12


<< 表裏一体 神道 >>