記録の中の記憶

友達がブログを見てくれています。
RSで知り合った友達が、RSに無関係なことしか書いていないこのブログを
わざわざ時間を割いて見に来てくれている。
こんなにうれしいことはありません。

書くことが思い当たらないです・・・。
最近、少しはRSについても書こうかなという気になってきました。
他の人のブログに比べれば、役に立たないことしか書けないのでしょうが、
RSをやっている記録として書くのもいいかな。
SSを貼ればアルバムになるし、
文章を書けば日記になるし。

近文はあまり写真を撮りません。
どういう顔で写ればいいんだろうとか、どういうポーズをとればいいんだろうとか、
それが分からないのも理由のひとつですが、
写真を残したりせずに、記憶にとどめるのもいいと思うんです。
補助輪があると、補助輪に頼ってしまって、なかなかうまく自転車に乗れなくなることがあります。
同じように、写真などに収めてしまうことで、
大事な思い出が、薄れやすくなるのではと思うと、
あえてそういう「形に残す」ということをしないもの手かなと思うのです。

近文は奈良県に住んでおります。
近鉄奈良駅から、徒歩10分~20分ほどのところに、
有名な五重塔というものがあります。
5段重ねになった塔です。
おそらく写真などで見たことがあるでしょうし、
全国にあるものなので、おおよそ検討がつくと思いますが、
奈良の興福寺にあるそれは、現在のもので6代目だそうです。
焼失復元などを繰り返して今に至ります。
それはいかがなものかと思うのです。
そこにそういったものがあったという事実は、
文章に残すだけでよいのではないでしょうか。
模型を置くのもいいのですが、あえて1/1サイズで復元し、
「これが五重塔だ」と世界に誇るのはどうなんでしょう。
五重塔のある場所は、五重塔跡であるべきだと考えます。
五重塔跡には、記念碑を作り、崩れた塔の残骸がある。
それを見た観光客は、
数百年前、ここにはそういう建造物があったんだなぁと夢想します。
それでいいのではないかと思うのです。
いくら復元しようと、それはすでにそれではありません。

記録より記憶です。
語り継がれ、受け継がれる記憶のなかに、
思い出も歴史も刻まれてこそ、本来の姿を残すのではないでしょうか。
ひとたび形にしてしまうと、再構成されたそれは、
改竄されているやもしれません。
文章などで残された情報・記録を元に、
もっと頑丈に、もっと綺麗に、もっと分かりやすく。
そうして復元されたものは、もはや復元ではなく、改変です。
記憶の中の本来の姿を残したいものです。
[PR]
by kinbun-r | 2006-05-20 06:31


<< RS 表裏一体 >>