葉っぱを隠すには山の中と言う言葉があります。
見つけられたくない、隠したいものは、似たようなものに紛れさせよという考えです。
昔近文が親に煙草がばれそうになったとき、煙草の山の中に隠せば安全だったんでしょうか・・・。

近文は人ごみが嫌いです。
人ごみに酔う人っていませんか?近文がそうです。
大阪や京都に行ったときは、駅ですでに気分が悪くなりました・・・。街中はまさに拷問です。
祭りや花火大会などは、催し自体は好きですが、そういった理由からあまり行きません。
やむを得ず人ごみを行かなければならないときは、ひたすら足元だけを見て進みます。
無数の頭がうごめいている様子を見ただけで吐き気がします・・・。

近文は、知る人ぞ知る寂しがりやでもあります。
高校の時、帰宅部名誉部長だった近文は、放課後友達の部活動が終わるまで、何時間も待っていました。帰りの15分くらいの道を友達と帰るためだけに、2時間も3時間も待っていました。
ウサギやハムスターが孤独死するという話を聞いたことがありますが、近文も孤独死・・・ありうるのかも・・・。
単純に一人でいるときも孤独感はありますが、不思議なことに、大勢の友達の輪にいるときも、それは付きまといます。大勢と言っても、3人以上いれば孤独感が沸いてきます。
人ごみが苦手なのに、一人は寂しくて、なおかつ友達に囲まれていると孤独・・・。
ややこしい人間です・・・。

えてして人間はそういうものかもしれません。
自己主張をして自分の存在をアピールする人もいるし、いつも誰かと一緒にいるのに聞いてみたら一人でいるのが好きだと言う人もいます。
また、自殺や家出も同じように、自己主張の手段かもしれません。
悩んでいるんだ。寂しいんだ。自分をもっと気にかけて欲しい。
そういった気持ちが、それらの手段を選ばせるのかもしれません。

自分の存在がもし、誰にも気づいてもらえなければ。
誰にも気にかけてもらえなかったなら・・・。
近文はそれでも生きていくという自信がありません。

山に隠された葉っぱは、姿をすっかり隠して、いくら叫ぼうと見分けがつかなくなります。
目に映っていても、そこにあると分かっていても、特定できなくなります。
それはどれほどの恐怖でしょう。
「葉」という言葉で一くくりにされて、個々を見ることはありません。だから山に隠すと分からない。
人もあるいは、それと同じかもしれません。
人間というカテゴリ、人種というカテゴリ、学生、友達、兄弟、性別、親、子・・・。
一くくりにされて自身を見てもらえない恐怖は、それは想像を絶するものでしょう。
それでも人間は、喋ったり動いたりすることで、自己主張することが出来ます。
それに比べ、葉は喋ることも出来ず、自らの意思で動くことも出来ません。
しかし、彼らは立派に存在をアピールします。
春は実を包み彩り、夏は青々と輝き、秋は激しく燃え、冬は風に舞う。
四季折々姿を変えることで、葉は自らをアピールしているのかもしれません。
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-03 20:08

近文は毎年、秋から冬にかけて、夜中ベランダに出て夜空を眺めます。
案外ロマンチックな一面も持ってるんですw
今の時期は空気が澄んでいて、月や星が綺麗に見えますね^^
秋から冬にかけて、あえて寒い時期を選んで夜空を見るのは、そこに理由があります。
冬は凍えながら、煙草を吸いつつ星を見ています。
近文はオリオン座が好きです。

ここで星座の話を・・・。
オリオンは狩人だったそうです。狩りの女神アルテミスと一緒に生活していました。
アルテミスの兄アポロンは、それが気に入らなかったそうです。
オリオンが海を泳いでいるとき、遠くからそれを見つけたアポロンが、アルテミスに言いました。
「いくらお前が狩りの女神でも、あれほど遠くの小さな物を弓で射ることは出来ないだろう。」
挑発に乗ったアルテミスが、それがオリオンの頭とは知らず、射抜いてしまうそうです。
悲しみの末、アルテミスはオリオンを星座にしたのだそうです。

近文はたまに神話を読みます。オリオンの話もギリシャ神話を読んで知りました。
ギリシャ神話や大和神話、インド神話にペルシャ神話。世界には数多くの神話がありますね^^
どの神話を読んでみても、共通していることがあります。
それは、「神々はとても人間らしい」ということ。
時には怒り、時には悲しみ、また時には喜んで。
その喜怒哀楽の様子、感情の変化は、まさに人間そのものです。
欲に満ちている言動からも、神々が人間を作るとき、自分の姿に似せたというのも頷けます。中身まで似せて作ったのなら、「神々が人間らしい」のではなく、「人間が神らしい」のかもしれません。

前置きが長くなってしまった・・・・。
月ですw
国によって見え方が違いますよね。
日本ではウサギが餅をついているように見えます。
中国では蟹だそうです。
他にも女性の顔っていうのも聞いたことがありますね。
見え方は国によってさまざまです。虹の色の数が国によって違うのと同じですね。
国によってといえば、山の絵を描いた場合、その形も国によって違うようです。
日本は言うまでもありませんが、ハワイでは山の絵は平たいんだとか・・・。
それは溶岩の粘性が関わっているようです。
ハワイ諸島の付近で噴出する溶岩は、粘性が低く、さらさらと流れて固まるため、出来る山が平たいんですね。
また話がそれました・・・。月ですw
昔は月で暦を作りましたね。太陰暦というものです。旧暦とも言われます。
これは月の満ち欠けを基準にしたカレンダーですね。
それが後に太陽暦へと変わります。そのせいで生まれた誤差によって、少し問題になったことがあります。それはイエス・キリストの誕生日。元々旧暦でキリストの誕生日を数えていたのに、新暦になってもそのままだったために、誕生日がずれたんだとか・・・違ったかな?w
キリストの話は若干うろ覚えなのであまり人に言わないでください・・・。
月の満ち欠けと、潮の満ち引きが関係あるという話も聞いたことがあります。
月の引力によって潮が引いたり満ちたりするようです。
月に魅入られた人々が苦心の末、月に到達したのが1969年です。
リアルタイムで見た人たちはさることながら、最初に文字通り「前人未踏」の地に歴史の足跡を残した人は、何を考えていたのでしょう。ウサギはどこだと探してみたかも・・・。

見え方が違うとはいえ、本来その形は変わりません。
太陽の光を受けて、反射し、地球から見たその形がそれぞれの見え方をするわけですが、その時点でもやはり形は同じです。ではなぜ国によって見え方が違うのか。
それは先入観かもしれません。だからこそ国によって見え方が決まっているのです。
日本では昔から、「月にはウサギが住んでいて、餅をついている」と言い伝えられています。
だからこそ私たちは、月にウサギを見るのです。もしもそれが象だと言われれば、あるいはそう見えたかもしれません。

人の価値観は様々です。多種多様・人の数だけ・十人十色・・・。
それぞれに意思がある以上、人の価値観を全て受け入れることは非常に困難です。
しかし、受け入れることが難しくとも、理解することは出来ます。
ある人は月にウサギを見るし、ある人は蟹を見ます。
ある人は山が高くそびえて見え、またある人は平たく見えます。
それが普通で、至極当たり前のことです。
自分がそう見えるから、またはそう思うからと言って、人の考えを否定するのは間違っていますし、かといって自分の意見を曲げてまで従うのは変です。
ならばどうするか。大勢の人の意見を聞いて、考えて、自分の意思を示すのです。
それが理解を示すことではないでしょうか。
神々の多くが、不死の能力を持っていながら、その身を滅ぼしたのは、互いの意思を尊重せず、自分の欲に忠実に動いた成れの果てです。
受け入れられずとも、理解できたのなら、彼らも平穏な日々を送っていたかもしれません。
人もまた然り。
違いを理解する心のゆとりを持てたらいいですね^^

最後に一言。
長いだけでまとまりの無い駄文を読み耐えてくださってありがとうございました┏○ペコッ
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-03 02:12

ジグソーパズル

一時期趣味と言ってもいいほどはまっていました^^
集中すると時が経つのも忘れます。
1ピース1ピースはまるごとに、完成に近づいていきます。
最後はボンドで固めて額に入れて保存します。
遠目から見ると、まるで1枚の絵のようです。
久しぶりに買いに行こうかな・・・。

今日は、RSで所属しているギルドの人たちと、ハンゲームで麻雀をしてきました^^
ところが近文、大遅刻を・・・。すみません・・・。
夕方学校に行って、サークルの学園祭のパンフレットに載せる作品論を提出しにいったんです。
近文は、出してさっさと帰るつもりだったんですが・・・。
作品論を見せると、なにやら雲行きが怪しくなりました・・・。
どうやら出来が悪かったようです^^;
サークルの人にも手伝ってもらって、何とかなったのはいいものの・・・
終わったのが11時過ぎでした・・・。学校は、距離的にはさほど遠くないですが、交通の便が悪く、行きは1時間、帰りは1時間半くらいかかります。
所詮言い訳ですけど^^;遅れてすみませんでした┏○ペコッ

サークルの人たちとは、最初は結構仲が良かったんです。
先輩とも喋ったり遊んだり出来て、同回生とも仲が良くて、遅くまで喋ったりご飯を作ってもらったり、悩み相談に乗ったこともままありました。
サークル内では比較的、居心地の良いポジションでした。
引越しが多かったので、転校もかなり経験したせいか、良く喋る、社交的な性格になったように思います。だから結構人付き合いは得意な方だと思っていました。友達もすぐ出来たし。
ところが少しずつずれ始めて、今ではかなり関係が悪いです^^;
詳しく書くと卒論レベルにまで長引きそうなので、簡潔に言うと恋愛が絡んでたりするんです。
徐々に開いた溝を埋める術を知らず、出来る限り避けるようになってしまいました・・・。
人間関係・・・難しいです・・・。

人間関係はジグソーパズルに似ています。
1ピースごとに、ちゃんと意味があり、それを作るために欠かせないものです。
初めから完成しているジグソーパズルは無く、徐々に築き上げるのです。
ただもしも1ピース、たった1ピースずれていて、その事に気づかなかったらどうでしょう?
あるいは気づくのが遅かったら?
ずれてしまってすぐ、間違いに気づけば修復できます。
でもそれが遅れると、いずれどこでどう狂ったのかが分からなくなります。
無数のピースを重ね合わせて出来た、幾通りもの絵が存在し、それが並びあって世界が出来ています。
1つ1つのジグソーパズルのカケラが、自分のルーツとなります。
全てがバランス良く繋がっていて、初めて完成させられます。
ところがそのバランスは微妙であるために、間違っていることに気づきにくいのです。
厄介な事に、どうやらこのジグソーパズルはなかなか完成しないもののようです。
そもそも完成など無いのかもしれません。
無限ピースのジグソーパズルをつなぎ合わせ、全てを組み合わせた時、満足出来る絵が出来るでしょうか・・・。または、今までつなげたピースはずれていませんか?
熱中するのも良いですが、失敗しないためには、ジグソーパズルを少し離れて見てみることです。
ずれいるのか、いないのか。客観的な目で、距離をとって見てみると、今まで気づかずにいた「ずれ」に気づくことが出来るかもしれません。
どうか1ピース1ピースを大切に。
願わくば、最後に綺麗な1枚の絵画とならんことを・・・。
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-01 03:29