運命

今日も労働してまいりました。
近文の働くツタヤは、お世辞にも繁盛しているとは言えません。
まぁそれなり・・・です。
とはいえ今日は特に暇でした。
6時開始のシフトだったのですが、5時半にバイト先について、45分ごろでしょうか・・・カウンターが異常に混んでいたようで、まだ開始時間になっていないにも関わらず駆り出されました。
仕方が無いのは分かるのですが、出来れば給料をもらえる時間外は働きたくないのが人情です・・・。その時以外は非常に空いていて、それが逆に時間が経つのを遅く感じさせました。
長い長~いバイトでした・・・。

中学生のとき、音楽の授業でベートーベンの「運命」が出てきたとき、先生が言っていました。
「この曲の最初のじゃじゃじゃじゃ~ん!の部分は、運命のドアをノックする音を表している。」
この上なく信憑性にかけるお言葉ですね・・・。本当かどうかは結局分からずじまいです。

よく、運命を信じますか?という言葉を耳にします。映画、ドラマ、雑誌の占い欄・・・。
さて、あなたは信じますか?
近文は、ある意味で信じますが、またある意味では信じません。
近文が思う運命はこうです。
例えて言うなら、運命は「あみだくじの連続と交錯」です。どれを選ぶとどのルートを進み、どこにたどり着くか決まっているのがあみだくじですが、運命はそれに似ているのではないでしょうか。
選択する前は、無限の可能性があります。しかしひとつの道を選択することによって、選択肢が狭まり、ひとつのルートが決まります。しかし運命とあみだの違うところは、その選択がいくつもあるということです。幾たびの選択の連続を繰り返して、決まったルートと結果に向かっていきます。ひとつの区切りのつく選択もあれば、人生を左右する大きな選択もあり、それらが交錯しています。
「どれを選べばどうなるのか」は決まっているけれど、「どれを選ぶのか」は決まっていない。
これが近文の運命に対する考え方です。

「もしあの時こうしていたら」というのがテーマの映画もたくさんあります。小説やドラマや音楽の分野にもあるかもしれませんが、いかんせん近文は映画が得意でその他は不得意なのです。
挙げようと思えばいくらでも出てきそうですが、今思い浮かんだのは『天使のくれた時間』です。
かの名優、ニコラス・ケージ主演のラブストーリーです。
若いころ、仕事を選ぶか彼女を選ぶかの岐路にたたされ、結果仕事を選んだために、大成功を収め、莫大な資産を持った男が、ある朝起きると、仕事を取ったがために分かれてしまった彼女と、なぜか一緒に暮らしているのです。この朝が「天使がくれた時間」の始まりでした。結婚していて子供も二人いました。幸せな家庭を持ってはいたけれど、決して裕福とは言えない生活でした。あまり書くと見ていない人にとってはネタバレになって怒られそうなのでこのへんで・・・。
この映画もまさに、「あの時こうしていたら」ですね。
しかし、「あの時こうしていたら、もっと良かったかもしれない」という考え方は、すなわち、「あの時こうしていたら、もっと悪かったかもしれない」というのと同義です。

「ある」とも「ない」とも証明できない物を信用する、または信用しない理由を、論理立てて説明することは出来ませんが、そこは宗教と同じです。存在の有無に関係なく、ただ信じるのみ。
近文はたまたま、運命をある意味で信じ、またある意味で信じないという曖昧な答えを持っていますが、証明できないのだから各々の考えがあっていいのです。

・・・とは言え、やっぱり考えてしまいますね。
あぁ・・・もしも今日もう少し家を遅く出ていたなら、
時間外労働を強いられることもなかったのかな・・・。
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-09 01:50

リアルとネット

オンライン上で人と交流を深めると、その中でよく「リアル」と「ネット」という言葉で区別されます。リアルとは、インターネット上でのこと以外の日常生活を指し、ネットとはゲームを含むネット上の活動を指します。これは普段の会話で出てくるものではなく、ネット上での会話中、それを区別するために使います。

しかし近文は、この区別の仕方がよくわかりません。というより納得できない部分があります。みんなが使う言葉なので、「ゲームでのことではない」ということが伝わりやすいため、近文も使ってはいますが、個人的にはあまり好きではない分け方です。
そもそもそこで言うリアルとネットとは、別のものでしょうか?ネット上の生活や付き合いも、私にとってはリアルです。「ネット」で知り合った「リアル」な友達です。

一時期出会い系サイトを利用した犯罪が横行しました。模倣犯も数多く出没し、世間を震撼させました。そこで言われていたのは、顔も見えない、どこの誰かも分からない相手と一人で会うのは危険であるということ。果たしてそう言えるのでしょうか。それなら顔を知った人と一人で会うのは、必ずしも安全と言い切れるのでしょうか。こればかりは個人の考え方なので、こうだと言い切ることはできませんが、近文は、それは少し間違っていると思います。
顔が見えるから安全っていうのは、意味が分からないというか・・・。それでは、犯罪すべてにネットが関わっているのかというと、そうでもありません。

また、何かの事件があると、警察ないしメディアは、周辺住民に加害者の印象を聞きます。そこでよく聞くのは、「まさかあんなことをするような人だとは思わなかった」「大人しくてとても優しい人だった」などです。顔を見ていても、しばしばその印象とはかけ離れたことを起こすことがあるようです。それでも、「顔が見えない、どこの誰かも分からない人」=「危険」と言えるでしょうか。

近文は「リアル」と「ネット」を区別していません。
いくら顔も知っている話したこともある「リアル」の知り合いでも、付き合いが浅ければ信用し切れませんし、「ネット」の知り合いでも、長く付き合っていく中で、信用し、信頼しあって、お互いを認めることができます。そう考えれば名前や住所や電話番号などのいわゆる個人情報を教えたりするのも、実際に会うのも、「リアル」でそれが普通であるように、危険なことなどではなく、至極普通のことだと思うのです。

またネット上では、文字のみの交流になります。ゲームではキャラクターの行動などもありますが。そこで肝心なのは、文字だけだから自分を装うことが出来る、だから信用できないと考えること。それは間違っているように思います。
文字だけの交流だと、自分に危険は及びません。だからこそ、自分を包み隠さず、ありのままを出せると思うのです。リアルでは、対人関係やその場の空気など、色々なことを考えてものを言うし、態度も変わります。しかしネット上では、それが多少なりとも少なく、その人の本質が見えてくる気がします。

以前ハンゲームというオンラインゲームをしていたとき、そこで知り合った友達同士が実際に付き合いだしたこともありましたし、私が知らないだけで、きっと結婚まで行った人たちもいるでしょう。でもそれは、まったく変だとは思いません。文字からお互いの本質を見て、惹かれあったからこそでしょう。その二人はとても幸せそうでした。

「どうせネットだし」「所詮文字だけの世界だし」ではなく、だからこそ相手の本当の姿が見えると思うのです。しかしそれは、あくまでも近文の考え方です。それを人に押し付ける気はないし、それが間違いなく正しいと思っているわけでもありません。ただ近文は、「リアル」「ネット」と区別するのはおかしいと思うだけです。「ネット」とは「リアル」の一部なのです。ネット上の付き合いも友達も生活も、私にとってはリアルで、かけがえのないものです。
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-06 13:57

耳をすませば

最近めっきり寒くなってきました。
みなさん風邪など引かぬようお気をつけ下さい。
近文家は1週間ほど前に、すでに風邪ウィルスの魔の手に落ちました・・・。
地域によっても違うでしょうが、近文の住むところは、夏は猛暑で冬は極寒・・・。
この時期は、昼間と夜の気温差が激しいため、風邪を引きやすいです。
昼間暖かいからと油断して、薄着で出かけると、夜帰りに痛い目を見ます。
それが季節の変わり目は風邪を引きやすいという仕組みですね。

秋の風物詩と言えば、虫の声があげられます。
しかし虫は声を出しているわけではなく、翅を震わせて、あるいはこすり合わせて音を出しているので、虫の音と言ったほうが正しいかもしれません。
ところが日本には、「虫の声」という表現もなされます。なぜでしょう・・・。
また、日本には擬音語・擬態語があります。ところが海外には、少なくともアメリカには、日本のそれにあたる言葉が無く、怪談話で有名な小泉八雲が、外国人であることは有名ですが、八雲に、彼の妻・小泉節子が日本の怪談を教えた時、訳に困ったのだそうです。怪談話には擬音語・擬態語は必須ですからね。
虫の音も、他国ではノイズと解釈されているようです。風流だなんて言うのは日本くらいなようです。

日本という国は、あらゆるものに季節を見出し、言葉にしてきました。季語です。
そして何気ない物に意味をつけ、感動を生みます。
それらは本来、人が捉えているような文学的な意味を持たず、生物学的な意味を持っています。しかしそこに、情緒や感動を見て、詩や物語、歌にしてきました。
それらは意味を「持っている」のではなく、人の感性によって「持たされる」のです。
虫の音を「声」と言うのも、人がそう聞くからこそなのです。
今も耳をすませば、古の時代の人々も聞いたであろう歴史の声が、草むらから、木の上から、聞こえてはきませんか?
[PR]
# by kinbun-r | 2005-11-05 15:20